貸切バスの車内でのマナーについて

旅行などで貸切バスを利用するときには、マナーがあり、利用者は何をしてもいいというわけではありません。
全員が必ず守らなければいけないマナーがあります。

昔はそこまで厳しくはなかったのですが、最近では貸切バスの中でも移動中は必ずシートベルトをしなければいけなくなったので、車内ではシートベルトを着用しましょう。
他にも移動中に、座席の上に立ったり、絶対にしてはいけません。
カラオケを利用する場合は、事前に使うことを言っておくのがマナーです。

貸切バスを借りるからといって、集合時間などは自由でいいというわけではありません。
運行予定表というものがあり、時間を厳守しなければいけない場合がほとんどで、乗客が勝手な都合で集合時間に遅れることはできません。
1人でも集合時間に遅れてしまうと、その他大勢の人に迷惑をかけてしまいます。
貸切バスに関係なく、どんなものでも団体で行動を共にする場合は、時間を厳守しなければいけません。時間厳守は最低限守らなければいけないことです。

最低限その他に守るべきことは車内で出てくるゴミですが、そのまま放置して降りてはいけません。
最低限のマナーとして、自分で出したゴミは自分で持ち帰るようにしましょう。